SL34

キアンブ県のカベテにあるロレショ農園で栽培されていた1930年のフレンチミッションが起源。葉は幅広で、若葉はブロンズ色を呈している。干ばつに強く、様々な環境に適応し、高い生産性と高品質のコーヒーを生み出すが、低地には適していない。1935年にスコット・ラボラトリー(当時ケニアでのコーヒー研究を行っていた機関)によって繁殖された。生豆サイズは大きく、高いカップクオリティーを持つ。