Domaine de Vanibel, Guadeloupe Bonifieur

フランス海外県グアドループ島 バニベル農園

  • 単一農園
  • 天日乾燥
  • 原種豆限定
  • 20Kg/ 入荷20 ·残18.0

◆商品説明

グアドループ島2020ニュークロップ空輸便。グアドループ島の伝統品種「グアドループ・ボニフィエ」。6年ぶりに入荷!

グアドループ島の品種「Guadeloupe Bonifieur(グアドループ・ボニフィエ)」は、ブルーマウンテンと同じ流れを汲むティピカ。1720年、ガブリエル・ド・クリューがマルティニーク諸島にコーヒーを伝え、翌年の1721年にグアドループ島にコーヒーが持ち込まれ、カカオからコーヒー栽培へ変わっていった。1743年には、11750ヘクタールの農地がコーヒー栽培となった。しかし、フランス革命とコーヒーの病気により、1859年には2009ヘクタールまで激減した。17世紀終わりには、「カフェ・ボニフィエ」という名前で、フランス本国に6000トンが輸出されていたが、18世紀初頭の大陸封鎖令による増税のため、輸出が1000トンに減少。18世紀半ばには他国のコーヒーとの競争激化により、225トンまで落ち込んでしまった。20世紀初頭にはサビ病とハリケーンが追い打ちをかけ、さらに激減。戦後はコーヒーは農業統計にものらず、細々と自営農家が作り続ける程度になっている。現在は年間数トン程度が生産されている。

カリブ海に浮かぶグアドループ島はサレ川をは挟んで繋がり、西側のバス・テール島とすぐ隣にある東側のグランド・テール島から形成されていて、蝶が羽を広げたような形をしている。西側のバス・テール島は起伏の激しい火山島(最高峰は1,467mのスフリエール山)で、島の中央部には熱帯雨林が広がり、西部の海岸は火山性の黒浜。一方、東部のグランド・テール島は標高が低く、石灰岩からなる白浜海岸という美しい島である。

◆SPEC

品名 ドメーヌ・バニベル 
生産国 グアドループ島
地域 バステール島ビューアビタン
生産者 バニベル農園 農園主ジョエル・ネルソン
クロップ 2019/2020
規格 公式な規格なし
欠点規格 公式な規格なし
スクリーン スクリーン15アップ
木の品種 グアドループ・ボニフィエ(ティピカ)
その他 標高 400m - 500m、100%天日乾燥
精製方法 フルウォッシュド
開花時期 4月-5月
収穫時期 10月-12月
船積時期 2020年8月空輸
保管方法 定温倉庫
ロットナンバー なし

フランス海外県グアドループ
農園入口
年季が入ったパルパー
パーチメントをレーキで攪拌
ハワイのホシダナみたいな
昔ながらの脱殻器
表面
裏面

  • 1)商品・生産地の情報を不明な点も隠さず公開いたします
  • 2)カップ品質でロットを選び取っていますので商品名の後にロット番号の最終末尾を明記しています。例)CAMPO ALEGRE1436
  • 3)日本に入荷した時期や保管方法も開示いたします
各種マークの説明:
  • 単一農園単一農園:限定された農園・生産者が明らかな商品:
  • 地域限定地域限定:産出する農協限定など生産地域が限定された商品:
  • 天日乾燥天日乾燥:乾燥工程で手間暇かけた天日乾燥の原料を使用した商品:
  • 原種豆限定原種豆限定:コーヒーの木の原種のみを厳選した商品:
  • 品質認証済み品質認証済み:スペシャリティー協会・有機栽培など第3者による品質証明書付き、または準ずる商品:
  • オークション・品評会入賞品オークション・品評会入賞品:品評会入賞品:ネットオークション・各種品質コンテスト入賞商品:
  • サステイナブル・コーヒーサステイナブル・コーヒー:有機・環境・公正貿易の観点に配慮した地球と人にやさしい珈琲: