Esperanza & Romerillo

エスペランサ&ロメリージョ

  • 単一農園
  • 天日乾燥
  • 原種豆限定
  • 30Kg/ 入荷17 ·残1.1

◆商品説明

隣接したエスペランサ農園とロメリージョ農園の合作グルメマイクロロット。SCAスコア86。ナッツ、タマリンド、チョコレート、サトウキビ、イチジク、マンゴ、ピーチ、ジューシー。

エスペランサは、ゲラルド・オカーニャが1960年に始めた農園。6人の子宝に恵まれたが、息子たちや娘たちはコーヒービジネスに関心を示さなかった。唯一コーヒービジネスに興味を持ったのが、息子のフロレンティーノだけだった。他の5人の子供たちは親から引き継いだ農園の持ち分を売却してしまったが、フロレンティーノだけは売却せず、農園を引き継いでいる。

ロメリージョは、ホアキン・ナルバイサが1930年に始めた農園。晩年は、農園を不法定住者に占拠され、それが原因で体調を崩し亡くなってしまった。その後、孫娘のグラシエラが不法定住者たちを排除し、土地を取り戻して、コーヒー農園を再開させた。現在、孫娘のグラシエラが牧畜と併用してコーヒー農園を引き継いでいる。

どちらの農園も自分のコーヒーを輸出するのは初めてとなる。

 

紀元前から古代文明が栄え、16世紀まで世界最大級の帝国だったインカ帝国の中心地だったペルー。スペインの植民地時代を経て、1821年に独立。南米西部に位置し、エクアドル、コロンビア、ブラジル、ボリビア、チリの5ヶ国に隣接している。国土は日本の3.4倍。コーヒーがペルーに伝来したのは、1700年代のスペイン植民地時代。300年近くたった現在でも伝来当時の品種ティピカが輸出栽培品種の70%以上を占めている。また、ペルーは世界でも有数のオーガニック認証やフェアトレード認証のコーヒー豆の輸出国である。11万人以上いるコーヒー生産者のほとんどはスペイン語を第二外国語とする土着の先住民である。

[地勢・気候]ペルーの国土は沿岸部のコスタ(国土の約12%)、高地のシエラ(国土の約28%)、アマゾン川流域のセルバ(国土の約60%)の三つに分けられ、標高差は海抜0メートルから6786メートルまである。気候は基本的には熱帯であるものの、標高の差や南北の差により各地域で大きな違いがある。

[生産状況]かつてコーヒー農園のほとんどが大規模農園であったが、1968年のペルー革命以降は細かく分割されてしまい、現在は小規模農家が全体の90%になっている。アラビカコーヒーはおよそ20万戸の小規模農家が栽培している。いずれも平均的な農園サイズは5エーカーほど。ほとんどの小規模農家は協同組合に加入している。栽培品種は、ティピカ、ブルボン、カツーラ、パチェがある。収穫は4月から9月にかけて行なわれる。

[主要生産地]主要生産地は、チャンチャマイヨ、フニン、クスコ、パスコ、ピウラ。コーヒーはアンデス山脈の東斜面全体で栽培されているが、主要産地は3か所あり、数量・品質ともに優れているのが全体の30%を占める東斜面中央のチャンチャマイヨ、山脈北部が21%、クスコ地区が18%である。ペルーのコーヒーの70%はティピカ、20%がカツーラ、残りの10%がパチェ、ブルボン、カチモールなどである。生産量の約75%は標高1000-1800メートルで収穫される。ほとんどがシェードツリーのもとで栽培されている。収穫は全て丁寧に手摘みし、天日干しされるため、スペシャルティーコーヒー市場向けのポテンシャルは高い。2010年のSCAAにおいて、コーヒー・オブ・ザ・イヤー2010のひとつに選ばれた。

[品質・格付]グレードはスクリーンサイズでなく、欠点豆の除去方法で格付けされる。MC(機械選別1回)、MCM(機械選別2回)、ES(MCM+電子選別)、ESHP(ES+ハンドピック)がある。

[流通]輸出先はドイツ31%、米国22%、ベルギー、コロンビア、スウェーデンの順である。収穫されたコーヒーチェリーは協同組合で精製され、仲買人を通じて輸出される。2009年からコロンビアが輸出先として登場してきた。協同組合にCEPICAFE, COCLA, CECOVASA, CACVRAなどがある。農業はGDPの10%を占め、農業人口は全体の30%である。コーヒーは全輸出品目の25%以上占める重要な商品である。

 

◆SPEC

品名 エスペランサ&ロメリージョ
生産国 ペルー
地域 カハマルカ県サンイグナシオ
生産者 ゲラルド・オカーニャ(エスペランサ)&グラシエラ・ナルバイサ(ロメリージョ)
クロップ 2019/2020
規格 ペルースペシャルティー
欠点規格 5/300g
スクリーン スクリーン15アップ
木の品種 ティピカ、ブルボン、カツーラ
その他 標高1700-1800メートル、年間降雨量1000-1500ミリ、アフリカンベッドで天日乾燥、シェードツリー:バナナ・マンゴ・杉
精製方法 フルウォッシュド
開花時期 2018年10月-2019年1月
収穫時期 2019年7月-9月
船積時期 2019年12月
保管方法 定温倉庫
ロットナンバー 30-04-3999

農園所在地
エスペランサ農園にて
ロメリージョ農園のグラシエラ
エスペランサ農園にて
ロメリージョ農園にて

  • 1)商品・生産地の情報を不明な点も隠さず公開いたします
  • 2)カップ品質でロットを選び取っていますので商品名の後にロット番号の最終末尾を明記しています。例)CAMPO ALEGRE1436
  • 3)日本に入荷した時期や保管方法も開示いたします
各種マークの説明:
  • 単一農園単一農園:限定された農園・生産者が明らかな商品:
  • 地域限定地域限定:産出する農協限定など生産地域が限定された商品:
  • 天日乾燥天日乾燥:乾燥工程で手間暇かけた天日乾燥の原料を使用した商品:
  • 原種豆限定原種豆限定:コーヒーの木の原種のみを厳選した商品:
  • 品質認証済み品質認証済み:スペシャリティー協会・有機栽培など第3者による品質証明書付き、または準ずる商品:
  • オークション・品評会入賞品オークション・品評会入賞品:品評会入賞品:ネットオークション・各種品質コンテスト入賞商品:
  • サステイナブル・コーヒーサステイナブル・コーヒー:有機・環境・公正貿易の観点に配慮した地球と人にやさしい珈琲: