Novas Familia, Typica

ノバス ファミリア ティピカ

  • 単一農園
  • 天日乾燥
  • 原種豆限定
  • 30Kg/ 入荷100 ·残82.0

◆商品説明

ノバス家はネイバ地区に入植して3代に亘りティピカの栽培を続けている。ネイバ地区のコーヒーはバオルコ山脈のバラオナやエンリキージョ地区の中でも一番古いエリアである。

1726年から1735年の間にマルティニークから持ち込まれたコーヒーはフランス領サン・ドマング(現ハイチ)を経由してスペイン領サント・ドミンゴ(現ドミニカ)へ持ち込まれた。これまでドミニカといえばバラオナ地区のコーヒーが有名でありブランド化されてきたが、毎年ハリケーンの被害を受けやすく、生産量が減少している。一方、ハリケーンの影響を受けない内陸のシバオ地区は安定した生産量があり、注目され始めている。
[地勢・気候]
カリブ海でキューバの次に大きい国土を持つイスパニョーラ島東部に位置するドミニカ共和国。同島西部にあるハイチと国境を接している。三つの山脈と四つの平野を擁する地勢。海洋性熱帯サバナ気候であるため1年を通して過ごしやすいが、中央山脈では冬季になると氷点下になることもある。
[生産状況]
ドミニカ国内の需要が多く、生豆での輸出は年間生産量50万袋のうち18%の9万袋程度である。大半のコーヒーがスペシャルティーからコモディティーまで混ぜられて国内で販売されていると言える。裏を返せば、スペシャルティーグレードの豆を探し出せる可能性を秘めているとも言える。
[主要生産地]
主要産地は標高600-1450メートル付近のバラオナ、シバオ、シバオ・アルトゥーラ、コルディレラ・セントラル、ネイバ、バルデシアの6エリアである。生産量は南部中央山脈(バラオナ、オコア、バニ)が60%、北部中央山脈(シバオ、シバオ・アルツーラ、フンカリート)が40%である。島特有の微細気候や地勢からコーヒーは1年に亘って収穫が行なわれる。生産地域は細かく分けると25か所近くある。ほとんどの生産者は小さなウェットミルを所有し、自らパルピングから乾燥まで行なう。そして、大規模なドライミルへ持ち込まれ、輸出または国内販売される。CODOCAFE (Consejo Dominicano del Café、ドミニカコーヒー評議会)は、品質管理を行う政府機関であり、生産者、輸出業者、焙煎業者から選ばれる。
 [栽培品種]
カツーラ、ティピカが99%を占め、僅かにパーカス、ビジャサルチ、ブルボン、ムンドノーボなどが栽培されている。
 [品質・格付]
グレーディングはスクリーンサイズ別に分けられるが、最高級グレードAAAはサプライヤーによって大きさが違い、オフィシャルなグレーディングは確立されていない。
 [流通]
生産者もしくは組合が輸出業者を通して輸出する場合と直接輸出する場合のニ通りがある。最大の輸出先は隣国のプエルトリコであり、輸出量の40%近くに及ぶ。次いでイタリア、日本、米国、フランスと続く。

◆SPEC

品名 ノバス農園 ティピカ
生産国 ドミニカ
地域 バオルコ州ネイバ
生産者 ワシル・ノバス
クロップ 2016/2017
規格 タイプバラオナAA
欠点規格 N/A
スクリーン スクリーン16アップ
木の品種 ティピカ
その他 1300メートル
精製方法 フルウォッシュド、天日乾燥
開花時期 6月-8月
収穫時期 12月-6月
船積時期 2017年6月
保管方法 定温倉庫
ロットナンバー 07/1438/11

30キロ麻袋A面
30キロ麻袋B面
ノバス ファミリア
ティピカ

  • 1)商品・生産地の情報を不明な点も隠さず公開いたします
  • 2)カップ品質でロットを選び取っていますので商品名の後にロット番号の最終末尾を明記しています。例)CAMPO ALEGRE1436
  • 3)日本に入荷した時期や保管方法も開示いたします
各種マークの説明:
  • 単一農園単一農園:限定された農園・生産者が明らかな商品:
  • 地域限定地域限定:産出する農協限定など生産地域が限定された商品:
  • 天日乾燥天日乾燥:乾燥工程で手間暇かけた天日乾燥の原料を使用した商品:
  • 原種豆限定原種豆限定:コーヒーの木の原種のみを厳選した商品:
  • 品質認証済み品質認証済み:スペシャリティー協会・有機栽培など第3者による品質証明書付き、または準ずる商品:
  • オークション・品評会入賞品オークション・品評会入賞品:品評会入賞品:ネットオークション・各種品質コンテスト入賞商品:
  • サステイナブル・コーヒーサステイナブル・コーヒー:有機・環境・公正貿易の観点に配慮した地球と人にやさしい珈琲: